ハナヤーノーツ

自分のライナーノーツ

頭に思い浮かんだことを書いてる
自分用のメモ&日記

ネットでもリアルでも人間関係や得る情報次第で人は変わる

小出恵介が無期限の活動中止を発表して数日。爽やかな俳優という印象を持ってたし、同世代ということもありわりと好きだったから驚いた。見た目は爽やかだけど酒癖が悪いだの女好きだのと情報が飛び交っている。もともとそういう人間なのか、それとも変わってしまったのかはわからない。ただ、今回の件に関してはきな臭さが漂っている。セラミック松村という人物まで出てきており、美人局なんじゃないか?なんて話もある。

 

小出恵介事件の本当の本当はわからないし、調べる気もない。けど今回思ったことがある。それは、関わる人つるむ人が変わると人間は変わるということ。年齢なんて関係なく、変わる。つるむ人、と言うよりも得る情報や見るものにかなりの影響を受けるんだと再認識した。小出恵介と僕はほぼ同い年だけど、セラミック松村みたいにタイプの人と遊んだことなんて一度もない。小出恵介は今回、被害者なのか加害者なのかはまだ難しいところだけど、少なくともああ言うタイプの人たちと遊んでいたことは事実。おそらくだけど、元からそういう人たちと付き合いがあったわけではなく芸能界で活躍するにつれ近寄ってきたんだろうと思う。人を見た目で判断するな、なんて言うけど今回の件に関しては小出恵介が明らかにヤバそうな人たちとつるんでいたとしか思えない。

 

ツイッターフェイスブックはもはや人格形成に影響を与えてると思っている。たとえば毎日批判や文句、愚痴や皮肉ばかり言っているアカウントを見続ければ、きっとだんだんその人も愚痴っぽい皮肉屋になるだろう。それは逆もある。日々切磋琢磨してるような人、向上心のある人ばかり見ていると感化されるだろう。(まあ、疲れて嫌になることもあるだろうけど)

これはどっちがいいとか言うことではなく、人は人や物事から得る情報でいかようにも変わると言うこと。

 

曲を聞いたり映画を見て事件を起こすような人もいるし、取り巻きの影響でドラッグを始める中年までいる。得る情報によって良くも悪くも変わっていくし、潜在的な部分を目覚めさせるということもあるだろう。

 

僕自身、ネットやSNSから入ってくる情報やリアルな人間関係の中で日々の思考や行動に影響を受けたことは多々ある。まあ、自分の心が荒れてるから悪い付き合いが増えるのか、悪い付き合いがいつの間にか増え心が荒れるのかは卵と鶏みたいな話だけど。

 

自分を変えたい、と言うような気持ちを持ってる人は見るものや得るもの、付き合う人を変えるだけでも十分変わる可能性が高くなる。頭で堂々巡りをしたり落ち込むより、(オンラインオフライン問わず)人間関係を見直すのが手っ取り早い。

スポンサーリンク